>

着なくなった洋服を処分する方法

ノーブランドでも気軽に売れる

フリマアプリは、使い方がシンプルですのでスマートフォンがあれば誰でも利用することができます。
説明文は考える必要がありますが、説明のいらない商品なら5分程度で出品できます。
購入された場合には、販売手数料が引かれますが、利用料は無料なのでお金を負担することはありません。
ノーブランドの洋服でも出品することができますので、今まで捨てていたようなものでも数百円でもお金になることがあります。
オークションでは価値のあるものやレアものなどの商品が人気ですが、フリマアプリは量産品や古いものでも売りやすくなります。
取引をする上で心配な配送トラブルや個人情報は、匿名で配送できる方法がありますので、相手に住所や名前が知られることはありません。
商品が届かない、壊れていたといったトラブルには、サポート体制や補償制度が利用できる場合もあります。

トラブルに注意しましょう

出品した洋服は、取引が成立したら速やかに発送します。
配送料、梱包に必要な段ボールなどの梱包材を用意しなければなりません。
商品ページに対して質問や値引き交渉も気軽に行うことができますので、出品する側はやりとりが必要となります。
質問に丁寧に答えたり、値下げ交渉に応じても買われずに冷やかしということもあります。
ハイブランドの洋服では取引価格相場が低い傾向にありますので、思ったほどの利益は出ないかもしれません。
紹介ページにサイズや汚れや傷の状態などの詳細商品の状態を正しく記載しましょう。
また、配送が遅れたり、梱包の状態が悪いなどクレームになるリスクがあります。
安さ、手軽さのため、対応のよくない方もいますので、注意も必要です。


この記事をシェアする